行列を転置する方法


【大学数学】行列式の求め方(テスト対策)【線形代数】 (七月 2019).

Anonim

定義により、線形代数の過程から、行列は行の数mと列の数nを持つテーブルに配置された数の集まりです。 行列要素は、例えば、複素数または実数であり得る。 行列は、A =(aij)の形式のレコードで示されます。ここで、aijは、i行j列にある要素です。

命令

1

次元m * nの行列A =(aij)が与えられるとします。
行と列を交換することによって行列Aから得られた行列は転置行列と呼ばれ、ATで表される。 行列ATの要素は、次のように行列Aの要素から構成されます。
aij = aji、i = 1 、.

、m; j = 1 ,.

、n
行列AT =(aij)、次元はn * mです。
等式A = ATが成り立つ場合、正方行列は対称と呼ばれます。